人権保護

humanrights

人権とは「すべての人々が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」あるいは「人間が人間らしく生きる権利で、生まれながらに持っている権利」とされています。「人権」は、難しいものではなく、だれでも、心で理解し、感じることのできるものです。
しかし、現実には保護者から虐待されて命を落とす子どもや、パートナーからの暴力によって心身に深い傷を負う女性がいます。または民族的、宗教的少数派だから、LGBTQ+であるということでいわれのない差別を受けることもがあります。この分野では孤児院など児童福祉施設、先住・少数民族支援活動、LGBTQ+の支援団体、女性支援団体での活動です。専門的知識を持っていなくとも、コミュニティの人々に寄り添い、ボランティア自身も多くを学ぶことのできる分野です。

主な活動プロジェクト

孤児院などの児童福祉施設・先住民および少数民族支援活動団体・LGBTQ+の権利向上活動・女性支援を行う団体

ボランティアの仕事

  • 子どもの世話(食事介助や着替え・トイレサポートなど身の回りの世話)
  • 施設職員の方のサポート(食事作り、授業/クラスや文化的アクティビティサポート、スポーツなど)
  • 施設運営サポート(掃除、洗濯、修繕など)
  • 少数派の人権意識向上のための広報活動(文化交流・認知向上を目指すイベントの企画運営)
  • 職業支援(文字の読み書き、数学、PC、裁縫、衛生管理などの知識を教える)

求められる·活用できるスキル

人間に興味があり、好きであること。
慎重さ・忍耐力・柔軟性、偏見なく積極的に活動できること。
社交的で心を開いて活動できる方

宿泊先

ホームスティ、寮、またはプロジェクト先への住み込み

1日のスケジュール例

6:00 起床
7:00 朝食
8:00 活動先へ通勤
9:00 ミーティング
10:00 子供たちとの活動または授業スタート
11:00 昼食づくり
12:00 昼食
13:00 昼食の片付け
14:00 子どもの自由時間を見守る
15:00 教室でワーク
16:00 ボランティア終了、帰宅
17:00 自由時間
18:00 夕食
19:00 だんらん
20:00 自由時間
21:00 就寝

人権保護関連のプロジェクトができる派遣国