中期 STePs -ステップス-

icye-short-term-program

現在、約20か国でボランティアの募集を行っています。
期間、活動内容を自由に設定でき、国際協力の現場の知識・経験を得ることができます。
現地では日本人はたった一人。自分の力試しの場となります。

―目次―

プログラム概要

期間と費用

参加申込と出発までの流れ

現地の生活

 

プログラム概要

現在受付ている派遣国

アフリカ
ウガンダ、ケニア、ガーナ、タンザニア、ナイジェリア、モザンビーク、モロッコ

 

中南米
アルゼンチン、エクアドル、コスタリカ、ブラジル、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ

 

アジア
インド、ネパール、フィリピン、ベトナム

 

ヨーロッパ
アイスランド、イタリア、ポーランド

 

 ※パンデミックの影響により、希望派遣国及びプロジェクト先のご希望に添えない場合がございます。詳しくは担当者にお問合せください(派遣コーディネーター 成瀬 唯:outgoing@icye-japan.com)。

活動内容

教育:幼稚園、小中高、アフタースクールでの子どものお世話、先生の補助、日本語授業
福祉:障がい者施設、孤児院、人権保護団体での日常生活のお手伝い、食料配布、施設維持管理
環境:希少種の保護、施設・道路の整備、有機農業
保険衛生:病院、診療所で医師・患者サポート、母子感染、衛生教育
文化・スポーツ:図書館や劇団、交流施設、スポーツ施設でイベント企画、音楽・スポーツ活動
オフィス:ICYE事務局でイベント企画、SNS・広報活動、事業サポート

活動先

参加者は希望を元にスタッフとカウンセリングを行い、希望派遣国・希望プロジェクトを決めていきます。その希望を元に現地受け入れ団体が最終的に派遣先を配置していきます。
活動先の確定後は原則変更はできません。原則1箇所の活動先・ステイ先となります。

活動時間

35−40時間/週 (プロジェクトによっては週末の活動もあります)

活動人数

原則、1つの活動先につき日本人は1名。受け入れ先によっては数名の国際ボランティア生を同時に受け入れることもありますが、出身国が被らないように調整します。

期間とグループ

活動期間

1ヶ月(28日間)から自由に設定(1週間単位で追加可能)

参加費用 (単位:円)

グループA

アルゼンチン・ブラジル・ペルー・メキシコ・インド・ネパール・ナイジェリア、モロッコ

グループB

エクアドル・コスタリカ・ボリビア・ホンジュラス・ウガンダ・ガーナ・ケニア・モザンビーク・フィリピン・ベトナム

グループC

アイスランド・イタリア・ポーランド・タンザニア

グループ
期間(週)
一般         
メンバー校/
リピーター 
コーワーカー/
メンバー校リピーター
A 4 200,000  195,000  190,000 
8 280,000  275,000  270,000 
12 360,000  355,000 350,000 
B 4 220,000 215,000 210,000
8 308,000 303,000 298,000
12 396,000 391,000 386,000
C 4 250,000 245,000 240,000
8 346,000 341,000 336,000
12 442,000 437,000 432,000

4週間=28日間、8週間=56日間、12週間=84日間の計算となります。上記料金は、プログラム開始日が2022年5月1日〜12月31日の間の方に適応されます。


プログラム料金に含まれるもの
  • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
  • 派遣前ビザ申請サポート
  • 国内事前研修合宿費用
  • 現地到着時研修合宿費用
  • 空港送迎
  • 現地スタッフによるサポート
  • 事後研修合宿/帰国生報告会
  • ICYE連盟費用
  • ICYEジャパンメンバー年会費
プログラム料金に含まれないもの

参加申込と出発までの流れ

申込方法:申込の流れに沿ってお申込みください。
申込締め切り:出発希望日の2ヶ月以上前にお申込みください。
対象者:18歳以上の心身ともに健康で、責任感と自主性がある方。

申込後の流れ

  • 書類の提出(英文申込書など)
  • 渡航手続き(期間によってはビザの取得など)
  • 渡航準備(航空券手配など)
  • 言語や文化の学習
  • オリエンテーションへの参加(任意)
※詳しくは上記の「申込の流れ」をご確認ください。

 

現地での生活

滞在形態

ホームステイ、住み込み、ボランティア寮などプロジェクト先により異なります。

食事

活動期間中は1日3食付き
提供または自炊。滞在形態や活動先によっても異なりますので、派遣先を決めるプロセスの中で確認してください。

期間中の流れ

日程        内容

現地到着

ご自身が指定した到着日に指定の空港に到着し、現地ICYE事務局またはホームステイ先に移動。迎えのスタッフが同行または、行き方を案内してくれます。

到着オリエン

到着日の翌日または翌々日に活動先または現地ICYEオフィスにて到着オリエンテーションを行います。1−2日間

【内容】(オリエンテーションは英語で行われます)
ICYEとは・国際ボランティアの心得・その国で生活・活動の際の注意点など

生活・活動開始

<ボランティア活動>
オリエンの翌日から、自身の派遣先での活動が始まります。活動時間は基本35-40時間/週、出勤日は各活動先によって異なりますので、土日休みではない場合もあります。
初めは分からないこと、できないことが多くあるでしょう。そこにフォーカスするのではなく、「まず、自分に何ができるか」を考えましょう。言葉がわからないうちは、体を動かす仕事ができますね。意思疎通に慣れてきたら、だんだんできることが増えてきます。大切なことは「自分から動く」こと待っていても何も始まりません!可能性は無限大です。どんどん挑戦しましょう!

 


<週末・長期休み>
最低でも週2日お休みの日があり、派遣国や活動先の祝日、長期休み期間に合わせて、活動もお休みになります。週末はホストファミリーと過ごしたり、同期の他国からのボランティア生、活動先のスタッフの方々や現地ICYEのボランティアスタッフと外出したり、一人でゆっくりしたり、それぞれ休日を過ごします。

長期休みを利用して、旅行・外泊する際は必ずホストファミリーや現地ICYE事務局への連絡を忘れずに!

★写真と体験談はこちら★

 

お問い合わせ

STePsに関する説明会を実施しております。詳細をお聞きしたい方はぜひご参加ください。

STePsプログラムに関するご質問は、メール:outgoing@icye-japan.com
ICYEジャパン事務局 派遣コーディネーター 成瀬 唯までご連絡ください。