フィリピン

philippines
  • 概要
  • 体験談
  • プロジェクト
  • 申し込みの流れ
  • 参加費用
    マップ上のピンは現地事務所所在地です

    フィリピンは7000超える島で構成される群島国家です。総面積は301,780平方㎞にもなります。最大の島であるルソン島は約105,000平方㎞にもなり、その他ミンダナオ島などの大きな島、11つと合わせて全体の95%以上の面積を占めています。これらの島々は台湾とボルネオ島の間に位置しています。

    気候

    1年間を通して温暖な気候で最高で平均28.3℃、最低でも25.5℃と基本的に年中暖かい気候が特徴です。また周りが海で囲まれているため湿度も高く最高で85%になります。

    人口

    約1億人

    言語

    公用語として、フィリピン語と英語が話されています。

    時差

    日本との時差は-1時間です。日本の方が1時間進んでいます。

    通貨

    フィリピン・ペソ(PHP)という通貨が使われています。1NPRは約2.6円で取引されています。

    (価格例)↓
    ローカル食堂のランチ:50PHP~(約112円~)
    ビール:30PHP(約78円)
    ミネラルウォーター:20PHP(約50円)
    バス:12PHP(30円)

    ICYEフィリピン(GIED)

    ICYEフィリピン(GIED)のオフィスはセブ島セブシティにあります。5名の事務局スタッフと現地、国際ボランティアが協力して、事業をサポートしています。

    ビザ

    59日以内:ビザなし

    長期派遣:ボランティアビザ

    受入団体名
    ICYE Philippines - GIED
    事務所所在地
    Causing-Feria Bldg., Block 145, Osmeña Boulevard Cebu City, Philippines
    主な使用言語
    英語・セブワノ
    WEBサイト
    http://www.volunteergied.org/
    受入年齢
    18~50歳(50歳以上も相談可能)
    受入期間
    1ヶ月〜1年
    主な活動場所
    セブ
    現地スタッフ
      Rhenelyn Queen Dadulo
      GIED’s Executive Director


      Mark Anthony Gumera
      Program and Training Coordinator


      Genevive Monteceno
      Outgoing Program Coordinator
    派遣国詳細(原本)
  • 体験談: フィリピン

    比較したって仕方がない。

    日本と異なった教育制度をみたいという理由から、セブ島の私立学校で数学と体育を教えた。   日本と比べるとあまり良いとは言えない学習環境。 先生1人につき生徒が70人 生徒数に対して教科書や椅子が足りていない 2…

    この体験談をよむ

    日本と異なった教育制度をみたいという理由から、セブ島の私立学校で数学と体育を教えた。

     

    日本と比べるとあまり良いとは言えない学習環境。

    先生1人につき生徒が70

    生徒数に対して教科書や椅子が足りていない

    2人で1つの教科書を見る

    窓枠に腰かけて授業を受けなくてはならない生徒

    働くために、小中学校を休学する生徒

     

    いちばん感動したこと

    毎朝四時に必ず礼拝しに行くホストマザーと、その宗教観について心ゆくまで話し合うことができたこと。

    長い日は夕食後に3時間付き合ってもらうこともあった。

     

    現地の博物館で、第二次世界大戦中に日本によって占領されていた時の資料を見られたことが印象深い。

     

    現地のICYEスタッフは訛りのない英語を話していたので、十分に意思疎通ができた。

     

    ~最後に一言!~

    正直たった一ヶ月の滞在では大きく変わることは難しいです。

    それでも何か挙げるとすれば、幸せの価値観を人と比べても仕方がない・人と比較することが少なくなったということだと思います!

     

     

     

    演劇プロジェクトはうまくいくのか…?!

    フィリピンに行って感じたことは、 貧富の差が本当に激しい国だということです。生活基準は日本に比べれば高くないのですが、「心の豊かさ」は日本よりも遥かに上だと感じました。 私は現地での活動として、教育開発NGOで小学生~高…

    この体験談をよむ

    フィリピンに行って感じたことは、 貧富の差が本当に激しい国だということです。生活基準は日本に比べれば高くないのですが、「心の豊かさ」は日本よりも遥かに上だと感じました。

    私は現地での活動として、教育開発NGOで小学生~高校生を対象にリーダーシップスキル育成のセミナーを行いました。

    印象に残っているのは、ドイツ人ボランティアと一緒に演劇プロジェクトを立ち上げて、一緒に舞台を作ったことです。軽いノリで始まりましたが、いざ始めてみると困難の連続でした。そんな状況は正直投げ出したかったです。日本人の感覚で物事を進めようとすると何ひとつうまくいかなかったです。外国にいるなら当たり前だろ、と思われるでしょうが、実際に活動していると、現地の人と完璧に同じ感覚で活動するのは決して容易ではありません。

    日本人はフィリピン人にはなれないし、フィリピン人は日本人にはなれないのです。でも、本番は大成功で、学校中が大盛り上がりで、みんなが笑顔でした。

    日本人の5分前行動がバカみたいに思えてしまうほどでした。(笑)

     

  • プロジェクト

    開発

    マイクロファイナンス事業や、学校・保健施設運営、地域全体の健康状態の改善など、地域の自立性を高めるための活動です。教育支援や家庭訪問、子ども達の栄養状態の調査、経営サポート、女性支援など、ボランティアは能力や、興味、関心に応じて、様々な分野の活動のサポートを行います。

    コミュニティー

    特に貧困地域や災害のあった地域の子ども、女性、障がい者が住みやすい地域つくりをしている団体での活動です。子どもたちへの栄養補助、学習支援、女性、障がい者の勉強会、就業のためのサポートなどを行います。その他にもスポーツ、文化イベントなどにも参加します。
    (子供、女性、貧困などすべてを包括的にやっている団体が多くあります。)

    子ども

    貧困など不利な条件にあることもたちに、無料の教育機会や、奨学金制度などで支援している団体での活動です。ボランティアは子どもたちに基本的な勉強を教えたり、職員のアシスタントとして、団体の運営に携わります。

    障がい者

    難病や、障がいを持つ子どもたちの生活施設での活動です。食事の世話や一緒に遊んだりなど日常的なサポートを行います。それぞれの障がいに応じたセラピーや学習支援のサポートを行ったり、事務作業を手伝うこともあります。また、スポーツや音楽などの活動にも関わります。

    教育

    小・中学校、高校や図書館などの教育施設での活動です。すべての子どもに平等な教育がいきわたることをめざしており、ボランティアは語学、コンピュータ、スポーツなどティーチングアシスタントとして能力、興味関心に応じて教えます。また異文化交流イベントなどの企画運営も手伝います。

    事務局

    ICYEフィリピン(GIED)での活動です、国際ボランティア生のサポートや、現地プログラムのコーディネート、翻訳、Webサイトの管理など活動は多岐に渡ります。また異文化理解イベントや、国際ボランティア生のオリエンテーションなどのサポートもします。

    農業

    効率的かつ持続可能な農業、オーガニック農園などエコフレンドリーな農業を学ぶ施設での活動です。ボランティアは農業クラスのアシスタントをしたり、実際に技術を教えます。またその地域の学校と連携し、環境教育も行います。

    青少年

    セブ州の地方自治政府機関の青少年活動課での活動です。教育、開発、健康、、医療、地域、奨学金、環境、文化など様々な側面から市民活動のサポートを行います。ボランティアはその能力、興味・関心に応じて様々な活動を行います(語学少し高めです)

    プロジェクト詳細(原本)

  • 申し込みの流れ

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    期間:1年又は6ヶ月
    受け入れ国:ICYE加盟40ヶ国全て(イタリア以外)

    ICYEが70年前から続けている、世界中の個人と個人を繋げる国際ボランティアプログラムです。「チャレンジしてみたい」と思う全ての人に開かれています。派遣先に「日本人はたった一人」その国の文化、人々の価値観を身にしみて学ぶことのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金1万円のお振込
           ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
    ⑶ 自己紹介・参加動機文の送付A4一枚程度。
      メール添付にて送信お願いいたします。
      以上の3点をもってお申し込み完了です。
    受付開始:派遣年度の前年の8月1日から
    (例、2019年8月1日から2020年夏出発と2021年冬出発の受付開始)
    受付締切:各集合日の4ヶ月前(各国定員人数が埋まり次第締切)
    ご希望の国や出発時期が決まり次第、早めのお申込みをお勧めします。
    (2020-21年度)各国集合日・空港一覧

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただき、その情報を元に、受け入れの可否が決定されます。プロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。この時に派遣の意思確認として登録料(参加費の内の5万円)をお振込いただきます。

    5. オンラインインタビュー

    プロジェクトのマッチングを効果的に行うため、受入先ICYE委員会のスタッフとオンラインで面談を行います。(出発の約4ヶ月前頃)面談は英語で行われます。この面談で不合格になるということはありません。

    6. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      ICYEからの招聘上・推薦状等の書類を元に申請をします。
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    7. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら

    8. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

    短期プログラム(1ヶ月〜)

    期間:1ヶ月〜4ヶ月
    受け入れ国:アジア、アフリカ、中南米、東欧(詳細は国概要を参照)

    STePs(Short Term Programs)プログラムは、短い期間でも国際ボランティア/インターンを通して派遣先の国の本質に触れることができるプログラムです。数ヶ月とは言えども、現地に120%浸かることのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申し込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金(参加費の内の1万円)のお振込
      ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
      以上の2点をもってお申し込み完了です。
    受付期間:年間を通して随時募集中
    受付締切:出発希望日の2ヶ月前までにお申込をお願いします。

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただきます。記入された情報を元に、受け入れの可否が決定されます。またプロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。

    5. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    6. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら.

    7. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

  • 参加費用

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    国 名 1年間 6ヶ月間

    スイス、デンマーク、フィンランド、アイスランド

    1,550,000円 1,050,000円
    イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、オーストリア、アメリカ、ニュージーランド、スロバキア、イタリア 1,450,000円 1,000,000円
    メキシコ、ホンジュラス、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、ブラジル、ボリビア、ペルー、アルゼンチン、ロシア、ポーランド、韓国、台湾 1,300,000円 800,000円
    インド、ネパール、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ウガンダ、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、タンザニア、モザンビーク、南アフリカ、モロッコ、トーゴ 1,100,000円 650,000円

    ※参加費は全て税込
    ※ネパールは10ヶ月又は5ヶ月

    参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
    • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
    • 派遣前ビザ申請サポート
    • 国内事前研修合宿費用
    • 現地到着時研修合宿費用
    • 空港送迎
    • 語学研修費用 ※1
    • 現地スタッフによるサポート
    • ポケットマネー ※2
    • 事後研修合宿/帰国生報告会
    • 海外ボランティア保険加入費
    • ICYE連盟費用
    • ICYEジャパン会員年会費
    • 派遣国までの往復航空運賃
    • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
    • 健康診断費用
    • 予防接種費用
    • 日本国内交通費
    • 現地での個人旅行費用
    • 現地での交通費(米国のみ)

        ※1:30時間以上の必須語学研修を受けます。
        ※2:月に1回支給。現地の物価に連動します。
        (例:デンマーク約11000円、ケニア約2500円)使途の指定は特になし

        短期プログラム(1ヶ月〜)

        グループA

        インド・ネパール・インドネシア・フィリピン・ベトナム・台湾・ウガンダ・ガーナ・ケニア・ナイジェリア・モザンビーク・モロッコ・ロシア・メキシコ・ホンジュラス・コロンビア・エクアドル・ブラジル・ボリビア・ペルー・アルゼンチン・コスタリカ・ポーランド

        グループB

        タンザニア・南アフリカ・モルドバ

        グループC

        オーストリア・スペイン・イタリア・スロバキア・アイスランド・スイス(一部)
        グループ 1ヶ月(28日間) +7日間ごと 2ヶ月(56日間) 3ヶ月(84日間)
        A 170,000円 +22,000円 258,000円 346,000円
        B 190,000円 +24,000円 286,000円 382,000円
        C 280,000円 +36,000円 424,000円 568,000円

        参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
        • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
        • 派遣前ビザ申請サポート
        • 国内事前研修合宿費用
        • 現地到着時研修合宿費用
        • 空港送迎
        • 現地スタッフによるサポート
        • 事後研修合宿/帰国生報告会
        • 海外旅行保険加入費
        • ICYE連盟費用
        • ICYEジャパン会員年会費
        • 派遣国までの往復航空運賃
        • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
        • 予防接種費用
        • 日本国内交通費
        • 現地での個人旅行費用

        年齢制限について

        国によってはビザの関係で参加年齢に上限がございますが(各国概要ページをご覧ください)基本的には18歳以上の方で意欲があり、海外ボランティアに挑戦してみたい方はどなたでもご応募可能です。まずお問い合わせいいただければ、国やプログラムなどコーディネーターとご相談可能です。