ニュージーランド

new-zealand
  • 概要
  • 体験談
  • プロジェクト
  • 申し込みの流れ
  • 参加費用
    マップ上のピンは現地事務所所在地です

    ニュージーランドは、オーストラリアの1600キロ東、南太平洋に位置しています。北島、南島、スチュアート島と小さな島々から成り立っており、南アルプス山脈や数々の丘などが、ニュージーランドの風景の特徴の一つとなっています。

    気候

    ニュージーランドは南半球にあるので、季節が 日本など北半球の逆になります。12月から3月までが夏、3月から6月までが秋、7月・8月が冬、そして9月から11月が春となります。比較的過ごしやすい気候ですが、夏は30度近くまで気温が上がります。

    人口

    約480万人(2019年)
    80%のニュージーランド人がヨーロッパ系、約15%は マオリ人、その他は中国人やインド人などアジア・太平洋にルーツがある人々です。

    言語

    公用語は英語です。

    時差

    日本との時差は+3時間です。日本の方が3時間遅れています。
    サマータイム実施時期(主に9月下旬~4月上旬)は、+4時間になります。

    通貨

    ニュージーランド・ドル(NZ$・NZD)が使われています。1NZDあたり約70円で取引されています。物価は日本よりもやや高いといわれていますが、物によっては日本よりも安いものもあります。

    (価格例)↓
    ランチ:10~20NZD(約700~1400円)
    コーヒー:4.2NZD(約300円)
    水(750mL):1.99NZD(約140円)
    トイレットペーパー(12ロール):5.5NZD(約400円)
    市内バス:1.7NZD(約120円)

    ICYEニュージーランド(ACVE)

    ICYEニュージーランド(ACVE)のオフィスはタウランガ(オークランドから車で3時間ほど南東の方角へ下ったところ)にあります。常駐スタッフが2人おり、他にも多くのボランティアでが活動を支えています。

    ビザ

    6ヶ月以上:ワーキングホリデービザ

     

    受入団体名
    ICYE New Zealand/ACVE New Zealand
    事務所所在地
    78 Maunganui Road, Mount Maunganui 3116 PO Box 5364, Mount Maunganui 3150  NEW ZEALAND
    主な使用言語
    英語
    WEBサイト
    https://www.acve.nz/
    受入年齢
    18~30歳
    受入期間
    1ヶ月または1年
    主な活動場所
    マウンガヌイ・他
    派遣国詳細(原本)
  • 体験談: ニュージーランド

    “Are you ready?” この仕事、責任重大ですよ。

    児童養護施設でボランティアをしました。 朝に子ども達を起こして、夜寝かせるまでが仕事。基本的に役割分担は無く、一日中、子どもの世話をしていました。 Child care centerに来ていた子どもは、様々な事情を抱えて…

    この体験談をよむ

    児童養護施設でボランティアをしました。

    朝に子ども達を起こして、夜寝かせるまでが仕事。基本的に役割分担は無く、一日中、子どもの世話をしていました。

    Child care centerに来ていた子どもは、様々な事情を抱えている子たちでした。そのため、問題行動を起こすことも多々あって…

    私は子どもを叱るのが苦手で、さらに英語に対しても苦手意識を感じていました。

    常にその場から逃げ出したい自分との戦いの毎日だったように思います。

    しかしそんな中を耐え抜いた私のスキルは飛躍的に上がりました!精神面での強さや、予想外のアクシデントへの対応、育児スキルなどです(笑)。

    最後にNew Zealandで感じたことについてお話します。それは日本とNZのvolunteerという言葉に対してのイメージの違いです。

    日本にいる時はボランティア、というとお手伝いや慈善事業といったイメージを持っていたのですが、

    NZではフルタイムスタッフと同じ仕事、同じ責任のもとで働くということでした。 

    人前で堂々と話す能力が欲しい人ー!

    ”クリスチャンホリデーパーク”という施設でボランティアをしました。 内容としては利用客向けのガイダンス、アクティビティ(アーチェリー、エアライフル、ゴーカート、ロッククライミング)のインストラクター、 食事の準備、宿泊施…

    この体験談をよむ

    ”クリスチャンホリデーパーク”という施設でボランティアをしました。

    内容としては利用客向けのガイダンス、アクティビティ(アーチェリー、エアライフル、ゴーカート、ロッククライミング)のインストラクター、

    食事の準備、宿泊施設の掃除などです。

    インストラクターはアクティビティの説明・指導をするのですが、この経験から人前で物怖じせずに話すこと、英語で説明することが得意になりました!

    このボランティアは自然の中での活動だったので、心身ともにリフレッシュし、さらに子どもたちと触れ合う中で元気をもらいました!

    たとえ英語があまり喋れなかったとしても、伝えようと努力すれば相手にはちゃんと伝わるし、相手も理解できるように話してくれます。

    そのうちに英語でコミュニケーションを取ることへの抵抗がどんどん薄れて、それが自分の励みにもなりました!

    一生の友達

    クリスチャンキャンプでスタッフのお手伝いをしていました。 ニュージーランドでの一番の思い出は、ドイツ人のルームメイトとの生活です。 最初の2ヶ月は言語の壁がありましたが、それでも出かけるときには必ず声をかけてくれた事には…

    この体験談をよむ

    クリスチャンキャンプでスタッフのお手伝いをしていました。

    ニュージーランドでの一番の思い出は、ドイツ人のルームメイトとの生活です。

    最初の2ヶ月は言語の壁がありましたが、それでも出かけるときには必ず声をかけてくれた事にはとても感謝しています。

    お互いの話が少しずつ分かるようになってきてからは、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

    誕生日にプレゼントをもらったり、餞別(せんべつ)にみんなから寄せ書き付きのポロシャツをもらいました。もらってばっかりです…!(笑)

    別れ際はお互いに涙が止まらず本当に辛かったですが、三年以内に再会する事を誓って発ちました。

    一番大変だったのは言葉の壁を乗り越える事でした。英語のシャワーを浴びればどうにかなると考えていましたが、渡航直後にこれは勉強しないと無理だと悟って、毎日必死に勉強しました。結局現地の人と変わらない生活を送るのに十分な能力は得られませんでしたが、私はこの6ヶ月間全く後悔はありません。

    これから海外ボランティアに行こうと思っている皆さん、『言葉の壁』は厚いです。頑張ってください! 

  • プロジェクト

    教育

    小学校や寄宿学校(5-12歳)でのアシスタントティーチャーとしての活動です。日ごろの学習の手伝いや、生活面でのお手本となったり、サポートを行います。また課外活動や、スポーツ、料理など、授業外でも子どもたちの学びのサポートをします。

    障がい者

    様々な障害のある子どもたちや青年の生活施設での活動です。身の回りの世話や、セラピーの手伝い、音楽やスポーツなどのアクティビティを行ったり、地域で自立した生活を送れるよう地域行事への参加のサポートなど様々な活動を行います。

    子ども

    様々な理由で家族と生活できない子どもたちの生活施設や、放課後支援施設などでの活動です。さまざまなイベントやスポーツ、遠足などの企画・引率や、日ごろの学習、生活のサポートなどを行います。職員の方のサポートとして運営全体のサポートも行います。

    コミュニティ

    グレート・バリア島のコミュニティでの活動です。コミュニティ内には宿泊施設や野外スポーツ施設、農場、など様々な施設があり、その施設の運営サポートや、レクレーション、カヤック、ロッククライミングなど様々な活動に携わります。

    青少年(ボランティア)

    様々な活動を通して、青少年がチームワークや自立心を養うプログラムを行っている団体での活動です。参加してくる青少年の活動のサポートや、団体運営のサポートなども行います。十分なレベルの英語力が必要です。

    環境

    ニュージーランドの海洋環境保護を行う団体での活動です。絶滅危惧種の調査や保護、水族館に保護されてきている動物の世話や、環境教育活動などを行います。

    プロジェクト詳細(原本)

  • 申し込みの流れ

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    期間:1年又は6ヶ月
    受け入れ国:ICYE加盟40ヶ国全て(イタリア以外)

    ICYEが70年前から続けている、世界中の個人と個人を繋げる国際ボランティアプログラムです。「チャレンジしてみたい」と思う全ての人に開かれています。派遣先に「日本人はたった一人」その国の文化、人々の価値観を身にしみて学ぶことのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金5万円のお振込(参加費の内)
           ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
    ⑶ 自己紹介・参加動機文の送付A4一枚程度。
      メール添付にて送信お願いいたします。
      以上の3点をもってお申し込み完了です。
    受付開始:派遣年度の前年の8月1日から
    (例、2019年8月1日から2020年夏出発と2021年冬出発の受付開始)
    受付締切:夏派遣(3月末)冬派遣(10月末)※各国定員人数が埋まり次第締切
    ご希望の国や出発時期が決まり次第、早めのお申込みをお勧めします。
    (2020-21年度)各国集合日・空港一覧

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただき、その情報を元に、受け入れの可否が決定されます。プロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。

    5. オンラインインタビュー

    プロジェクトのマッチングを効果的に行うため、受入先ICYE委員会のスタッフとオンラインで面談を行います。(出発の約4ヶ月前頃)面談は英語で行われます。この面談で不合格になるということはありません。

    6. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      ICYEからの招聘上・推薦状等の書類を元に申請をします。
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    7. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら

    8. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

    短期プログラム(1ヶ月〜)

    期間:1ヶ月〜4ヶ月
    受け入れ国:アジア、アフリカ、中南米、東欧(詳細は国概要を参照)

    STePs(Short Term Programs)プログラムは、短い期間でも国際ボランティア/インターンを通して派遣先の国の本質に触れることができるプログラムです。数ヶ月とは言えども、現地に120%浸かることのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申し込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金(参加費の内の1万円)のお振込
      ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
      以上の2点をもってお申し込み完了です。
    受付期間:年間を通して随時募集中
    受付締切:出発希望日の2ヶ月前までにお申込をお願いします。

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただきます。記入された情報を元に、受け入れの可否が決定されます。またプロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。

    5. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    6. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら.

    7. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

  • 参加費用

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    国 名 1年間 6ヶ月間

    スイス、デンマーク、フィンランド、アイスランド

    1,550,000円 1,050,000円
    イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、オーストリア、アメリカ、ニュージーランド、スロバキア、イタリア 1,450,000円 1,000,000円
    メキシコ、ホンジュラス、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、ブラジル、ボリビア、ペルー、アルゼンチン、ロシア、ポーランド、韓国、台湾 1,300,000円 800,000円
    インド、ネパール、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ウガンダ、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、タンザニア、モザンビーク、南アフリカ、モロッコ、トーゴ 1,100,000円 650,000円

    ※参加費は全て税込
    ※ネパールは10ヶ月又は5ヶ月

    参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
    • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
    • 派遣前ビザ申請サポート
    • 国内事前研修合宿費用
    • 現地到着時研修合宿費用
    • 空港送迎
    • 語学研修費用 ※1
    • 現地スタッフによるサポート
    • ポケットマネー ※2
    • 事後研修合宿/帰国生報告会
    • 海外ボランティア保険加入費
    • ICYE連盟費用
    • ICYEジャパン会員年会費
    • 派遣国までの往復航空運賃
    • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
    • 健康診断費用
    • 予防接種費用
    • 日本国内交通費
    • 現地での個人旅行費用
    • 現地での交通費(米国のみ)

        ※1:30時間以上の必須語学研修を受けます。
        ※2:月に1回支給。現地の物価に連動します。
        (例:デンマーク約11000円、ケニア約2500円)使途の指定は特になし

        短期プログラム(1ヶ月〜)

        グループA

        インド・ネパール・インドネシア・フィリピン・ベトナム・台湾・ウガンダ・ガーナ・ケニア・ナイジェリア・モザンビーク・モロッコ・ロシア・メキシコ・ホンジュラス・コロンビア・エクアドル・ブラジル・ボリビア・ペルー・アルゼンチン・コスタリカ・ポーランド

        グループB

        タンザニア・南アフリカ・モルドバ

        グループC

        オーストリア・スペイン・イタリア・スロバキア・アイスランド・スイス(一部)
        グループ 1ヶ月(28日間) +7日間ごと 2ヶ月(56日間) 3ヶ月(84日間)
        A 170,000円 +22,000円 258,000円 346,000円
        B 190,000円 +24,000円 286,000円 382,000円
        C 280,000円 +36,000円 424,000円 568,000円

        参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
        • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
        • 派遣前ビザ申請サポート
        • 国内事前研修合宿費用
        • 現地到着時研修合宿費用
        • 空港送迎
        • 現地スタッフによるサポート
        • 事後研修合宿/帰国生報告会
        • 海外旅行保険加入費
        • ICYE連盟費用
        • ICYEジャパン会員年会費
        • 派遣国までの往復航空運賃
        • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
        • 予防接種費用
        • 日本国内交通費
        • 現地での個人旅行費用

        年齢制限について

        国によってはビザの関係で参加年齢に上限がございますが(各国概要ページをご覧ください)基本的には18歳以上の方で意欲があり、海外ボランティアに挑戦してみたい方はどなたでもご応募可能です。まずお問い合わせいいただければ、国やプログラムなどコーディネーターとご相談可能です。