ガーナ

ghana
  • 概要
  • 体験談
  • プロジェクト
  • 申し込みの流れ
  • 参加費用
    マップ上のピンは現地事務所所在地です

    ガーナは、東部をトーゴ、西部をコートジボアール、北部をブルキナファソ、そして南部を大西洋と接しています。

    気候

    ガーナは熱帯気候に属しています。気温は、南部海岸沿いではで21~32度、北部では32度くらいが平均です。4月~7月は主に雨季で、10月~2月は乾季となります。

    人口

    約2883万人(2017年)

    言語

    公用語は英語で、その他民族ごとの言語があります。

    時差

    日本との時差は-9時間です。日本の方が9時間進んでいます。

    通貨

    セディ(GHS/GH¢)という通貨が使われています。1GH¢=約19円で取引されています。

    (価格例)↓
    ミネラルウォーター(1.5L):3GH¢ (約57円)
    ジュース:3GH¢(約57円)
    露店飲食店:3~7GH¢(約57~133円)
    市内タクシー(3~5km程度):10GH¢ (約190円)

    ICYEガーナ

    ICYEガーナは1978年に発足し、現在は、国の非営利社会福祉・青少年活動団体として登録されており、委員会、スタッフおよびコワーカーによって成り立っています。

    ビザ

    3ヶ月以内:シングルビザ

    3ヶ月以上:長期滞在ビザ

    受入団体名
    ICYE Ghana
    事務所所在地
    Kasoa Millenium City Estate  Private Mail Bag 92 Accra North GHANA 
    主な使用言語
    英語
    WEBサイト
    http://icyegh.org/s1/
    受入年齢
    18~30歳
    受入期間
    1ヶ月〜1年
    主な活動場所
    クマシ・ベロゴ・他
    現地スタッフ
      William Gordon Acquah
      ICYE Ghana program Director


      Sheila Amartey
      Responsible for STepS Program as well as incoming volunteers


      Rose Emma Sam
      Responsible for outgoing program and also support administration task
    派遣国詳細(原本)
  • 体験談: ガーナ

    待ってろ!ガーナ!!

    小学生の時に見たガーナの孤児のテレビ番組の印象が今でも強く残っていて、この国に一年間行くことに決めました。 実際に行ってみて、ガーナの人々は私が思っている以上に皆明るく、前向きに自分の人生と向き合っているなといった印象を…

    この体験談をよむ

    小学生の時に見たガーナの孤児のテレビ番組の印象が今でも強く残っていて、この国に一年間行くことに決めました。

    実際に行ってみて、ガーナの人々は私が思っている以上に皆明るく、前向きに自分の人生と向き合っているなといった印象を受けました。彼らから学ぶものは大きかったと思います。

    ボランティアの活動内容は孤児院に住み込みで子供たちのお世話や運営の手伝いをしていました。

    私はガーナに行ってきて、よりマイペースになってしまったと思います。これはいい意味で、自分に軸が出来たという意味です。あとは、ダンスも踊れるようになりました(笑)

    人種差別で悲しい思いをしたこともありましたが、行ってよかったです。

    私には、このプログラムに参加して新しい目標が二つ出来ました。一つはまたガーナに戻り、みんなに世界各地にいるICYEの仲間(主にドイツとフィンランドとオーストリアとスイス)の元に訪れること。この二つの目標があるから今の自分がそれに向かって本当にぶれずに生活していられるのではないかと思います。以前の自分であれば今いる色々な状況に心がかき乱されていたのですけれどもね(笑)

    まとめると、日本とにかく寒い!!!!!!!またガーナに帰りたい!!!!です!!

    現実を目の当たりにして感じたこと

    私はガーナの地方の村にある、地域の方が通うクリニックで6か月間ボランティアをしていました。このクリニックは産婦人科と通常の診察室があり、その両方でお手伝いをし、ラボに配属された時には器具の洗浄やマラリア検査のための血液サ…

    この体験談をよむ

    私はガーナの地方の村にある、地域の方が通うクリニックで6か月間ボランティアをしていました。このクリニックは産婦人科と通常の診察室があり、その両方でお手伝いをし、ラボに配属された時には器具の洗浄やマラリア検査のための血液サンプルの染色などをしていました。その他にもお金がない患者さんの訪問診療やリハビリテーションセンターにお邪魔させてもらう機会もありました。

    このガーナでのボランティアを通して、村のクリニックでの医療水準やコミュニティでの日々の生活の一点を垣間見ることができました。水不足や衛生観念が浸透していないこともあり、医療水準を含め、医療制度等はまだまだ発展していく余地は大いに見受けられましたが、この状況を、根本的かつ急進的に変えていくのは今の状況では難しいように思われ、忍耐強く少しづつ改善していく必要があります。そのため、日本を含む先進国の国々が金銭による与えるだけの援助ではなく、一緒に協力して技術支援を行っていくことが大切だと感じました。このことは言葉で表すほど簡単なことではなく、大変忍耐、寛容性、そして継続性が必要不可欠であると感じています。

    最後になりますが、私は学生のうちに海外で半年間日本とは違った環境で生活できたことは大変貴重なことであったと思っています。自分にとっての異文化の中で過ごすことは決して楽ではありませんでした。しかしこの経験を通じて、将来に結び付けることができると考えています。

  • プロジェクト

    子ども

    ストリートチルドレンや、孤児、貧困、栄養失調など様々な状況にある子どもや青少年(幼児~18歳)のための支援活動をします。食事や生活の世話をしたり、学習やスポーツ、イベントを企画したりなど、様々なアクティビティのサポートをします。

    教育

    保育園、幼稚園、小学校、中学校などで先生のアシスタントとして教育活動のお手伝いをします。子どもたちと遊んだり、日頃の学習の手伝いや、語学、コンピュータについて教えることもあります。

    プロジェクト詳細(原本)

  • 申し込みの流れ

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    期間:1年又は6ヶ月
    受け入れ国:ICYE加盟40ヶ国全て(イタリア以外)

    ICYEが70年前から続けている、世界中の個人と個人を繋げる国際ボランティアプログラムです。「チャレンジしてみたい」と思う全ての人に開かれています。派遣先に「日本人はたった一人」その国の文化、人々の価値観を身にしみて学ぶことのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金1万円のお振込
           ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
    ⑶ 自己紹介・参加動機文の送付A4一枚程度。
      メール添付にて送信お願いいたします。
      以上の3点をもってお申し込み完了です。
    受付開始:派遣年度の前年の8月1日から
    (例、2019年8月1日から2020年夏出発と2021年冬出発の受付開始)
    受付締切:各集合日の4ヶ月前(各国定員人数が埋まり次第締切)
    ご希望の国や出発時期が決まり次第、早めのお申込みをお勧めします。
    (2020-21年度)各国集合日・空港一覧

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただき、その情報を元に、受け入れの可否が決定されます。プロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。この時に派遣の意思確認として登録料(参加費の内の5万円)をお振込いただきます。

    5. オンラインインタビュー

    プロジェクトのマッチングを効果的に行うため、受入先ICYE委員会のスタッフとオンラインで面談を行います。(出発の約4ヶ月前頃)面談は英語で行われます。この面談で不合格になるということはありません。

    6. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      ICYEからの招聘上・推薦状等の書類を元に申請をします。
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    7. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら

    8. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

    短期プログラム(1ヶ月〜)

    期間:1ヶ月〜4ヶ月
    受け入れ国:アジア、アフリカ、中南米、東欧(詳細は国概要を参照)

    STePs(Short Term Programs)プログラムは、短い期間でも国際ボランティア/インターンを通して派遣先の国の本質に触れることができるプログラムです。数ヶ月とは言えども、現地に120%浸かることのできるプログラムです。

    1. ICYEについて理解する

    資料請求や、説明会、体験報告会への参加でICYEについて理解を深めてください。ICYEの理念・プログラムについて、納得した上でお申込みください。ご不明な点は、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。資料請求・説明会はこちら

    2. お申し込み

    ⑴ 参加申込フォームからお申込
    ⑵ 申込金(参加費の内の1万円)のお振込
      ご登録いただいたメールアドレス宛に振込先情報をお送りいたします
      以上の2点をもってお申し込み完了です。
    受付期間:年間を通して随時募集中
    受付締切:出発希望日の2ヶ月前までにお申込をお願いします。

    3. 英文申込書の提出

    指定のフォームにご記入いただきます。記入された情報を元に、受け入れの可否が決定されます。またプロジェクトのマッチングにも使用する重要な情報源となりますので、できるだけ詳細にご記載をお願いします。

    4. 派遣確定書類

    受入承認連絡があり次第「派遣確定書類」を送付します。同封の各種案内にそって手続きを進めていきましょう。

    5. 出発準備

    ⑴ ビザ・滞在許可の申請
      必要書類や手続き方法は国により異なります。
      派遣確定後の案内をよく確認し準備を進めましょう。
    ⑵ 予防接種
      ICYEは予防接種を推奨しております。
      情報を集め専門の医療機関に相談しましょう。
           参考:厚生労働省検疫局FORTH

    6. オリエンテーション参加

    ICYE国際ボランティア参加目的の整理、各種ワークショップを通じた他の派遣生、リターニー(過去の派遣生)、来日ボランティア生との交流・情報共有が目的です。基本的に全員参加必須です。
    オリエンテーションの様子はこちら.

    7. 出発!

    指定日に現地に到着し、活動が始まります。
    現地到着後の流れについてはこちら

  • 参加費用

    長期プログラム(6-12ヶ月)

    国 名 1年間 6ヶ月間

    スイス、デンマーク、フィンランド、アイスランド

    1,550,000円 1,050,000円
    イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、オーストリア、アメリカ、ニュージーランド、スロバキア、イタリア 1,450,000円 1,000,000円
    メキシコ、ホンジュラス、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、ブラジル、ボリビア、ペルー、アルゼンチン、ロシア、ポーランド、韓国、台湾 1,300,000円 800,000円
    インド、ネパール、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ウガンダ、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、タンザニア、モザンビーク、南アフリカ、モロッコ、トーゴ 1,100,000円 650,000円

    ※参加費は全て税込
    ※ネパールは10ヶ月又は5ヶ月

    参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
    • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
    • 派遣前ビザ申請サポート
    • 国内事前研修合宿費用
    • 現地到着時研修合宿費用
    • 空港送迎
    • 語学研修費用 ※1
    • 現地スタッフによるサポート
    • ポケットマネー ※2
    • 事後研修合宿/帰国生報告会
    • 海外ボランティア保険加入費
    • ICYE連盟費用
    • ICYEジャパン会員年会費
    • 派遣国までの往復航空運賃
    • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
    • 健康診断費用
    • 予防接種費用
    • 日本国内交通費
    • 現地での個人旅行費用
    • 現地での交通費(米国のみ)

        ※1:30時間以上の必須語学研修を受けます。
        ※2:月に1回支給。現地の物価に連動します。
        (例:デンマーク約11000円、ケニア約2500円)使途の指定は特になし

        短期プログラム(1ヶ月〜)

        グループA

        インド・ネパール・インドネシア・フィリピン・ベトナム・台湾・ウガンダ・ガーナ・ケニア・ナイジェリア・モザンビーク・モロッコ・ロシア・メキシコ・ホンジュラス・コロンビア・エクアドル・ブラジル・ボリビア・ペルー・アルゼンチン・コスタリカ・ポーランド

        グループB

        タンザニア・南アフリカ・モルドバ

        グループC

        オーストリア・スペイン・イタリア・スロバキア・アイスランド・スイス(一部)
        グループ 1ヶ月(28日間) +7日間ごと 2ヶ月(56日間) 3ヶ月(84日間)
        A 170,000円 +22,000円 258,000円 346,000円
        B 190,000円 +24,000円 286,000円 382,000円
        C 280,000円 +36,000円 424,000円 568,000円

        参加費に含まれているもの 参加費に含まれていないもの
        • 現地での食費/滞在費/交通費/活動費
        • 派遣前ビザ申請サポート
        • 国内事前研修合宿費用
        • 現地到着時研修合宿費用
        • 空港送迎
        • 現地スタッフによるサポート
        • 事後研修合宿/帰国生報告会
        • 海外旅行保険加入費
        • ICYE連盟費用
        • ICYEジャパン会員年会費
        • 派遣国までの往復航空運賃
        • ビザ/パスポート/滞在許可証等申請費用
        • 予防接種費用
        • 日本国内交通費
        • 現地での個人旅行費用

        年齢制限について

        国によってはビザの関係で参加年齢に上限がございますが(各国概要ページをご覧ください)基本的には18歳以上の方で意欲があり、海外ボランティアに挑戦してみたい方はどなたでもご応募可能です。まずお問い合わせいいただければ、国やプログラムなどコーディネーターとご相談可能です。