VOICE (長期プログラム)

【ドイツ】“Ich vertraue dir.” - “あなたを信頼している” –

ドイツ派遣生 Soli! Wie geht es ihnen?
先日Mid-term Campを終え、なんと更にこちらに来てから半年を迎えてしまいました!改めて時間の早さに驚かされています。
さて、ニュースレターを読んでくださっている皆さん、題名の意味分かりましたか?これ実は、“I trust you”つまり“あなたを信頼している”という意味なんです。これを私に教えてくれたのは、プロジェクト先のスタッフの方です。最初はなんのことやらさっぱり分からなかったんですが、Google Translationを巧みに使って(笑)、じっくり解説していただきました。こんな素敵な言葉、しかも人によっては説明するのも恥ずかしい言葉を、私はあんなに時間をかけて説明させてしまったのかと、今考えるだけで申し訳ないです(笑)ですが、意味が分かったとき、本当に、ものすごく、胸が熱くなるほど、感激しました!

プロジェクトが始まってから思っていたよりも日々が淡々と過ぎていく中で、私はこのままでいいのかなあと少し悩んでいたところにかけていただいた言葉でした。他にも最近、冗談を言ったり、ドイツ人が抱く日本へのイメージで私をいじってきたり(笑)、グループの食事に誘ってくれたり、チームの一員として接してくださっているのがより分かるようになりました。まだまだ私のドイツ語は流暢とはほど遠いレベルですが、言葉だけではない、なにかつながりのようなものを勝手に感じています。

IMG_6426
私のできることはなんだろう、ドイツに行く前、それから到着してから、こんな風に考えた時にはいつも、前職の癖なのか、新しくてクリエイティブなことをしようとしたり、私が引っ張っていかないといけないと考えたり、ついついなんでもかんでも引き受けようとしていました。ですが、半年を経て感じることは、どんなに小さいことでも、ちょっとした頼まれごとでも、確実に、誠意を持ってやることが信頼につながるということです。それはたとえ言葉が違っても、時には相手の言っていることが理解できなくても、行動で示せば必ず伝わるのではないかなと思います。

IMG_6392

世界を感じる、異文化についていろんなことを学びたい、という気持ちは今でも強く持ち続けていますが、思わぬところで、人として大事にすべき姿勢を学べた気がします。
残り半年、仕事もドイツ語も英語も趣味も、悔いの残らないように楽しく過ごしていきたいと思います!Ciao ciao!

(ドイツ派遣生 ニュースレター170号より)

 

 

PAGE TOP