福祉

福祉

障がい者支援活動
自閉症などの情緒障がい者のための生活改善の手伝いボランティアや、ハンディキャップを負った障がい者と共に生活します。

高齢者支援活動
高齢者の方々の生活の手伝い(食事の補助など)や一緒に簡単なゲーム、健康維持のために散歩などの簡単な運動、病院への付き添いをします。

img_pg_social03
img_pg_social01

主な活動場所

エイズ啓発NGO、福祉施設など

求められる・活用できるスキル

医療関係の知識や経験、英語力があったほうが望ましい、誠実さ、勇敢さ
高いモチベーション

宿泊先

ホームスティまたは住み込み

image  PTC

1日のスケジュール例

6:00 起床・朝食
7:00 朝の診察・散歩の付き添い
8:00 朝食介助
9:00 衛生環境チェック(掃除、洗濯なども含む)
10:00 問診に同席
11:00 休憩・昼食
12:00 昼食介助
13:00 片付け・休憩
14:00 啓発関連の文書作成
15:00 エイズに関する知識啓蒙のための市民講座に参加
16:00 ボランティア終了
17:00 片づけ、自由
18:00 他の国のボランティア生とともに夕食
19:00 自由時間
20:00 自由時間
21:00 自由時間
22:00 就寝

参加者感想

ベトナム参加 女性

ハノイで障がい児支援のボランティアをしました。対象年齢は5歳~22歳、障がいの種類は知的障がい、ダウン症、心身障がいなど様ざまです。月曜日~金曜日の9時~11時と14時~16時の1日4時間活動し、午前はセンターの中で最も障がいの重いクラスを、午後は逆に軽いクラスを担当していました。午前の主な活動内容は子どもたちと遊んだり、先生のお手伝い、食事介助などでした。午後は算数や読み書き教えたり、週に1回は”ARTクラス”といって決められたお題に沿って絵を描いたりしていました。
コミュニケ-ションをとるのにすごく苦労した時期もありました。子どもとの間では言葉よりも大事なものがあるのだと実感しました。私は看護学生で、将来は世界でも仕事やボランティア活動がしたいと思ってこのプログラムに参加しました。プログラムを終えた今、ここで得た経験は必ず将来に活きると確信しています。長期間で参加していればもっと沢山の経験が出来たと思いますが、3ヶ月という時間だからこそ分かる感動や、世界中に出来た友達との思い出は私の宝物になりました。
言葉や文化の壁、沢山不安な気持ちはあるとは思いますが、今あるチャンスを見過ごさず、一歩踏みだして今しか出来ない事に挑戦してみて下さい。挑戦するキッカケは何でもいいと思います。帰国後にはきっと、世界をみる大きな一歩になっていると思います。

イタリア参加 女性

イタリアは、障害者のコミュニティケアが先駆的なところで有名です。百聞は一見に如かず。実際にどんなことをしているのか覗いて、学んでみたくなり参加しました。

イタリア語で片言でしか話せなくても、イタリアの方は皆、親切にしてくれました。施設では、障害者の方とかかわりながら、イタリアのコミュニティケアを目の当たりにしました。イタリアの障害者のコミュニティケアシステムは日本との大きく異なり、羨ましいと思うことが多々ありました。それでも日本と同様、現場では苦労しながらケアをしている現実がみえてきました。日本とイタリアそれぞれのよいところ、課題を感じることができ、大変勉強になりました。システムは違えど、障害者の方は皆、日本と同様にとても愛らしい方たちばかりでした。私の方こそ語学ができず障害者のようでしたが、彼らはそんな私を優しく迎え、お世話してくれました。そういう姿を見ていると、何かしてあげることが、必ずしもケアになるとは限らないと改めて思いました。行ってみてやってみないとわからないことがたくさんあると思います。楽しいことばかりではなく、悲しいことや悔しいこともたくさんありますが、挑戦することで必ずかけがえのない経験が得られると思います。

 

 

PAGE TOP