免責事項

免責事項

(規則等の遵守)
1. 派遣生はICYEプログラム参加期間中の行動は全て自己責任を伴うことを十分理解し、ICYE連盟本部(以下ICYE連盟と称す)、各派遣先国ICYE委員会およびICYE日本委員会が定めたプログラムと規則等を遵守します。

(現地の慣習等の尊重))
2. ICYE日本委員会からの派遣生(以下派遣生と称す)は、各派遣先国によって政治、文化、宗教、生活習慣が異なることに留意し、プログラム参加期間中は人間関係については特にその国の慣習に従うことを優先します。

(派遣プログラムの中止及び帰国命令))
3. 派遣生は第2項に記述された各規則に違反し、又はプログラム活動(ICYE日本委員会および派遣先国が提供する参加必須プログラムや研修オリエンテーション及びボランティア活動)への欠席、不法行為、犯罪行為等を行った場合、ICYE日本委員会または派遣先国委員会より派遣プログラムの中止及び帰国命令を受けることがあります。この場合、それぞれの行為を行った国の委員会の指示に従って行動するものとします。

(中止等の場合における参加費の返還))
4. 前項により参加中止や帰国を命令された場合、派遣生はICYE連盟、派遣先国ICYE委員会及びICYE日本委員会に対し参加費の返金請求を含め、一切の異議は述べないことを約束します。但し、派遣生は、派遣先の天災、政治的条件(戦争、革命など)のため、ICYE連盟またはICYE日本委員会の判断により帰国せざるを得なくなった場合は、参加費(登録料を除く)をプログラムの日数で除した1日当りの金額に、本来のプログラムの日数から日本出国日から派遣先国出国日までの日数を控除して算出された日数を乗じた金額の返還をICYE日本委員会に請求できることとします。(返還額=参加費÷365×残日数 ※千円未満は切り捨て)

(入出国日の遵守)
5. 派遣生は派遣先国への申請の査証の都合上、出国、入国はいずれも定められた期日を必ず守るものとします。個人的な希望で出入国の時期を変更する場合などは派遣先国ICYE委員会とICYE日本委員会の指示に従います。また、航空券日程が決まり次第、速やかに渡航日程およびEチケットを日本委員会に連絡することを約束します。

(自己責任)
6. 派遣生は、申込に際し各国や渡航状況のことをよく調べ、派遣生自身で納得した上で派遣プログラムへ

の参加不参加、希望渡航国や出発日を決定します。保護者・家族からの承認も得てからの申込とし、派遣手続きに関わることについて保護者を含む第三者からの抗議・変更・キャンセル等はICYE日本委員会では受け付けしないこととします。
派遣生は、国内での手続き(パスポート、査証、航空券手配、予防接種)を派遣生自身で責任を持って取り組み、派遣先国ICYE委員会から要求された資料は速やかに提出し、求められた手続きを期限内に行うこととします。決められた期限内に派遣生によって行われなかったための国内手続き遅延・失敗等を事由に起きた損害については、一切異議を申し立てないこととします。

(渡航に関する意思決定)
7. 派遣生が希望する派遣先国によっては治安や伝染病などに関し、注意を必要とする場合があります。ICYE日本委員会は希望派遣国に関する入手できる範囲の情報を派遣生に提供するものとします。しかし渡航に関する最終決定は派遣生本人の判断によるものとします。また参加を取り止める場合は、第9項の規定に従うものとします。

(プログラム参加費および申込金の支払い)
8. 派遣生はプログラム参加費および申込金(登録料)は別途指定された期日までに支払うものとします。参加費についての疑問点や不明点は、事前オリエンテーションなど渡航前に確認するものとし、派遣先国への渡航後はICYE連盟、派遣先国ICYE委員会及びICYE日本委員会に対し参加費の返金請求を含め、一切の異議は述べないことを約束します。

(キャンセル料)
9. 派遣生の個人的な理由並びにICYE連盟、派遣先国ICYE委員会及びICYE日本委員会の責めに帰することのできない事情に起因して、派遣生が出発前に参加を取り止めた場合(ICYE日本委員会が紹介した渡航先やボランティア先が派遣生の希望どおりではなかったことを理由とする場合を含む)、ICYE日本委員会に対し、下記のキャンセル料を支払うものとします。なお、下記の区分にかかわらず、出発日から100日前よりも後に申込みを行った者が登録料入金日の翌日から7日間以内に申込みをキャンセルしたときはAが適用されるものとします。
区  分 キャンセル料
A. 登録料入金日の翌日から7日間以内  キャンセル料は発生しない
B. Aを経過後、出発日の100日前まで  参加費の20%及び登録料相当額
C. Bを経過後、出発日の30日前まで  参加費の40%及び登録料相当額
D. Cを経過後、出発日の2日前まで  参加費の80%及び登録料相当額
E. 出発日1日前以降       参加費の100%及び登録料相当額

(渡航費用の自己負担)
10. 派遣生は参加費以外に、渡航手続きにかかる費用(パスポート申請、更新、査証申請、更新)、往復航空運賃、出発する国の空港までの往復交通費、空港税、予防接種費用、健康診断費用、及び国内オリエンテーション参加に伴う交通費、個人的諸費用等を負担するものとします。

(派遣期間中の事故等)
11. 派遣生は派遣期間中万が一、事故、事件等に遭遇した場合は速やかに派遣先国委員会及びICYE日本委員会に連絡するものとします。また、派遣期間中の事故等に備え、各国の日本大使館へ滞在申請を行います。

(報告)
12. 派遣期間中に問題が生じた場合若しくはその危険がある場合は、派遣生は以下の順位で速やかに報告す
るなどの対応をするものとします。ただし、深刻な問題以外については、まずは自主的に派遣先国内での解決に努めるようにします。派遣生の自主的解決が可能な問題について、ICYE日本委員会が過剰な対応を余儀なくされたときは、負担に応じた事務処理費用を派遣生に請求する場合があることを承諾します。
a)ホストファミリー、ボランティア先やICYE派遣生仲間などの受け入れ関係者 
→b)派遣先国ICYE委員会 →c)ICYE日本委員会 →d)ICYE連盟本部

(身分証明書等の携行)
13. 派遣期間中は常にICYE連盟発行の身分証明書 (Participation Card)、パスポートの原本もしくはコピーを携帯し、また本誓約書のコピーも派遣先国へ持参するものとします。

(補償)
14. プログラム参加に伴って生じる派遣生自身及び派遣生の身の回りに対して被った損害・損失については海外保険で請求できる範囲内を除き、ICYE連盟、派遣先国ICYE委員会及びICYE日本委員会対して一切の補償請求はできないものとします。日本および派遣先国側の政治的または社会的な問題によって査証取得が無効になったり、事前情報が変更されたりしたために、プログラムが中止または変更された場合であっても、ICYE連盟、派遣先国ICYE委員会及びICYE日本委員会への責任追及はできないものとします。

(プログラム終了後の帰国)
15. 派遣生は、派遣プログラムの終了後もしくは派遣先国ICYE委員会の規定する帰国日には、必ず日本へ直帰するものとします。但し、ICYE連盟が定める下記の所定手続き条件を完了した場合、帰国日程の調整をすることができるものとします。
A. 事前に派遣先国ICYE委員会、ICYE日本委員会、保証人、ICYE連盟国際事務局の承諾を得る
B. ICYE連盟国際事務局に定められた期日までに所定の用紙に必要事項記入の上、提出する。
C. 帰国に至るまでの旅程、交通手段を派遣生の責任の下で手配をする。

(違反)
16. 派遣生が本誓約書に違反した場合、それによって派生した事柄については、全て派遣生の自己の責任で処理するものとします。

(保証人)
17. 保証人は、ICYEプログラムへの参加に伴う派遣生のICYE日本委員会に対する一切の債務の履行を保証するものとします。

(管轄)
18. 派遣生とICYE日本委員会との間で紛争が生じたときは、ICYE日本委員会の本部の所在する地域を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
以 上

PAGE TOP