2月国際交流キャンプレポート!

2月国際交流キャンプレポート!

さてさてー!事務局ブログかなりの久しぶりですが。。。
今回は2月23-27日の日程で行われたICYE来日生国際交流ワークキャンプについてです♪

冬の来日生スイス人のルナ、イタリア人のジュリオ、昨夏からの来日生デンマーク人のシルベスターとドイツ人のラファエル、ほかにも日本人学生ボランティアの方々、みかん園の敏子さんDavidさんそのほかにも多くの方に参加していただきました!みなさん来てくれてありがとうございます!

さてさて、ICYEには事務局のほかにコーワカー(Co-worker)と呼ばれる人たちがいます。コーワカーの人たちは主にコンタクトパーソンとして来日生のサポートをしたりや異文化イベント、交流イベントに運営やサポートしてくれる人たちのことです。
それでは!国際交流キャンプにコーワカーとして参加してくれた学生ボランティアのお二人の感想文を紹介します!


赤松さんルナ今年の2月に来日したスイス人、ルナのコンタクトパーソンをしている赤松です!
キャンプで感じたことは、主に4点あります。

・短時間の国内での国際交流でも英語の勉強になること
私は英語を発展させるには、海外に長期間行くことが絶対必要だと思っていました。しかし実際のところ方法はそれだけでなく、1週間でも英語を話し続けるという環境でもかなり英語上達に効果があるということに気づきました。これからも国際交流関連のイベントに参加しようと思っています!

・日本語教育に興味を持ったこと
今回初めて日本を教えました。不安でしたが、キャンプ中はこちらが一方的に教えると言うよりは、日本語を英語で教える中で、自分の英語の勉強になりました。ルナや他の来日生のみんなが私が教えた日本語を使えるようになってくれることにとても喜びを感じましたし、私自身もとても楽しかったです。今後も機会を見つけて日本語を教えてみたいと思いました。

大附農園にて・共同生活で仲が深まり、今後の関係にも繋がること
1週間近く来日生やほかの日本人の参加者の人たちと生活を共にし、とても仲良くなりました、1週間しか一緒に過ごしていないのにこんなにも仲良くなれるのかと驚きました!このキャンプの後来日生はそれぞれのプロジェクト先に行ってしまいますが、彼らが日本にいる間は、絶対国内でまた会いたいと思いますし、みんながそれぞれの国に帰っても、その国に遊びに行きたいです!

・自分の考えと他者、他文化の違いを考えること
ICYEジャパンのキャンプでは異文化理解や、相互理解のためのディスカッションやワークショップを行うのですが、それらの活動や普段の何気ないおしゃべりを通して、自分と他の人の色々な「違い」に気づくことができました。自分の強みや課題を見つけることができるとてもいい機会となりました。また自分が他の者と違っていても、その違いを尊重し、私を私として受け止めてくれる人たちがたくさんいて、私にとってそれはとても安心感のあるものでした。とてもとても温かい場所です。

いい経験ができると思うので、ぜひより多くの人に参加して欲しいと思います!


越生キャンプ (1) 学生ボランティアA.Fさん

今回、来日生の日本語サポートということで、5日間の国際交流キャンプに参加しました。短い期間でしたが、得るものはとても多く、少しでも魅力が伝われば、と思います。

ワークキャンプでは、みかん畑で農作業をしたり、ハイキングをしたり、鬼ごっこをしたり…様々な楽しい時間を共に過ごしました。その中でも私にとっては、ディスカッションの機会が持てたことが、とても貴重な経験になったと思います。ディスカッションでは、日本人同士では話す機会もあまりない、避けがちな話題、政治的なトピックスや様々な社会問題について意見交換をしました。日本人のコミュニティーに所属する私には、そのような話題に対して意見交換をする場がありません。ただ、新聞には日常的に目を通しているし、社会問題に関する本を読むのも好きでした。
大附みかん園にて

普段の私は、人間関係を円滑に進めるため、自分の意見をあいまいに表現したり、発言すること自体をためらうことが多かったように思います。気が付かないふりをしていただけで、どこか自分自身を表現できないことにやりにくさを感じていました。自分自身を表現できたこと、そして、それが周りに受け入れられたこと。これが私にとっての今回の一番の『収穫』です。私は、日本人のよく言う『変』とは、『マイノリティー(少数者)』のことだと考えています。『マイノリティー』であること、は良くないことなのでしょうか?正直なところ、たまにそんな風に考えることもあるかもしれません。
もし、この文章を読んでいる貴方が―――いまの自分に自信が持てなかったり、居場所に窮屈さを感じているのなら、ぜひ、ICYEが主催するこのような活動をおすすめしたいです。少しだけ勇気を出してみませんか。きっと、新しい自分を見つけることができますよ。


事務局の私もお二人がICYEでのコーワカーとしての活動を通して色々学んで、色々吸収していってくれたら、とってもとっても嬉しいです!ICYEジャパンのオリエンテーションやイベントではディスカッションかなりたくさんやります!今回も皆さん英語でのディスカッションにも挑戦してもらってそれぞれの価値観やモノの見方の違いに気づけたのではないでしょうか?(^^)

それが私の狙いです♪(笑)普段考えないこと、普段意見なんて聞かれないことに関して、「自分の意見」「考え方」をもち自分の言葉で表現する姿勢ってとっても大事なんですよね。それはICYE国際ボランティアプログラムや海外で生活するときに限らず、日本で生きるにしても同じこと。世界で起こっていることを自分事として考える!意見や価値観が違うのは違う人間なんだから当たり前!その違いを認めず「和」を大切にすることばかりに優先順位を置きすぎて、大切なことを見逃しているようじゃもったいない!

What we need is the Stimulation ! 出る杭になろう!

byりな

PAGE TOP