派遣生オリエン・来日生中間報告!2017年4月!

派遣生オリエン・来日生中間報告!2017年4月!

4月22日、23日に「派遣生オリエンテーションと来日生の中間報告会」が行われました!

2017年夏出発が決定した派遣生が全国から東京に集合しました!

22日の午前中は派遣生のみのプログラムで、異文化の中で生活すること、全く価値観の違う人々と共に生きることについて、グループに分かれてディスカッションを行いました。相手の立場に立って考えること、全く自分がホストファミリーの立場だったらどう思うか話し合いました。

 

P1000534

P1000512

 

 

 

 

 

 

 

午前中の派遣生のみのプログラムのあとは、リターニー(元派遣生)の方々と、来日生の二人と合流してのプログラム!まずはお互いのことを知るために「他己紹介」タイム♪

P1000560 P1000571 P1000580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、午後はメインの派遣生・来日生によるプレゼンテーション!派遣生は、なぜその国に行きたいのか、このプログラムに参加しようと思ったきっかけについて 発表し、来日生は日本での7ヶ月感の生活についての報告を行いました。
P1000597 P1000700P1000652P1000661

みなさん様々な目的や夢をもって、このプログラムに参加してるのですね!今回、プレゼンテーションという形で人に自分の目的について話し、ある程度まとまった考えが出て来たと思います。夏の出発までに、このプログラムを最大限に有効活用するために、できるだけ多くのことを吸収できるように、必要な準備をしていって欲しいと思います!:)

さて、来日生は日本に来てから7ヶ月が過ぎ、様々なことを思ってきたようです。嬉しかったこと、悔しかったこと、胸の内を素直に話してくれました。(来日生は1日早く到着し彼らだけのプログラムも行いました。)デンマークからの来日生Simonの発表で「見えなかった自分を見ることができた」という話が出ました。それは「甘い考えを持っていた弱い自分」と「初めて出会った自分の新しい一面」だったそうです。

外国の現地に一人で1年間住むということは簡単なことではありません。外国に行ったからってすぐにその国の言葉が話せるようになるわけではありません。何もできない自分にショックを受けることもあると思います。そこをSimonは正直に表現してくれました。自分の弱い部分を直視しなければいけないのはとても気力のいることです。特に言葉の通じない外国にいるとますます逃げ道はありません。そんな中だからこそ、見える「新しい一面の自分」もあります。劇的な変化ではないかもしれないし、その新しい自分を認めるまでに時間がかかるかもしれません。でも、私はこれこそが「成長」だと思います。

言葉で話すだけでは、伝わりにくいかもしれません。なぜかというとこの感覚は経験の上に成り立つことだからです。辛くて、もどかしくて、やめてしまいたいけど、頑張りたい。そんな葛藤の経験があると「自分らしい」あり方といのを見つけることができるのだと思います。

このような異文化の中での生活体験から、逆に自分自身のことを学ぶのはICYEプログラムの大切なビジョンでもあります。シェアしてくれてありがとうSimon!!!!!!:)

 

さて、メインイベント二つ目は「海外ボランティアをすることの意味」について全員でディスカッションです!

P1000735P1000734

P1000727 P1000736

 

リターニー、派遣生、来日生、一般参加者の人も全員参加で意見交換を行い、グループの意見をまとめてもらいました。

海外ボランティアに行く意味とは1

上から、
—————————————-
新しい価値観と友に出会う。人生そのものを直視すること。

前向きに生きる。学び続け経験をシェアすること。
友人を作り現地での経験を得る。
新しいスキル。異国、異文化について学ぶこと
—————————————-
海外ボランティアに行く意味とは2

上から、
—————————————-
未知の世界に飛び込んで、生活を共にして、
生きる意味を見つけるチャンス

外に出ることで。自分を見つめ直す。
日本にいては得られないもの、こと、
考えかたを得てくる。自分の道を行動を通して見つける。

—————————————-

 

素晴らしい!「海外ボランティア」って”ボランティア”っていうくらいだから、他人に何かして”あげる”ことを想像してしまいがちですが、本質はそれだけではないのです。海外ボランティアという活動を通して、現地の人々と同じ生活をすることで、日本にいては得ることができなかった”価値観”や”文化観”を学ぶことができるのです。またもう一つは、外国人は一人という状況を通して、自分自身についてさらに見つめ直すことができる。というのが「海外ボランティア」に行くことの意味なのではないでしょうか(人それぞれに考え方はあるかもしれませんが)

1日目の最後に全員で記念写真です!皆さま来ていただいて本当にありがとうございました!

記念写真

さてさてー!長い1日のあとは打ち上げです!

打ち上げ1

打ち上げ2

 

 

 

 

 

 

打ち上げ3

集合写真なんですけど、ちゃんとカメラ見てるのは数名。。。(笑)

こうして、派遣生オリエンテーション・来日生中間報告会の夜はふけていきました。

二日目の様子もまたUPしますねー♩

長くなりましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

byりな

 

 

PAGE TOP