【イギリスからの来日生!】My Life in Japan -this 6 month-

【イギリスからの来日生!】My Life in Japan -this 6 month-

1It’s been 6 months since I arrived in Japan as a volunteer from the UK. My first 3 months here were amazing, I was able to meet lots of new people and experience lots of new things; like trying on a kimono, cooking rice on a hagama, and cutting down bamboo.

イギリスからのボランティアとして日本に来てから6ヶ月がたちました。初めの3ヶ月は素晴らしいものでした。たくさんの新しい人々と出会い、着物を着てみたり、羽釜でご飯を炊いたり、竹を切ったりなどのたくさんの新しい経験もしました。

2

 

 
3My Japanese has also improved a lot since I arrived, before I came I knew very little, just your basics of ‘hello’, ‘thank you’ and ‘where’s the toilet?’ (I had an interesting phrase book) and I could read a little Hiragana. Now however, I understand most of what people say to me, even if I can’t understand it all. I can also read Hiragana, some Katakana (I find this one very difficult for some reason) and even some Kanji which I’m very proud of. As for speaking, I’m getting there but I often tend to forget words, though sometimes actions can suffice and if not I have a dictionary app.

始めのころより、日本語もだいぶ上達しました。初めの頃は、基本的な”こんにちは”、”ありがとう”や”トイレはどこですか?”、それと少しのひらがなしか読めませんでしたが、今となっては、人々が私に何と言っているのか全部ではなくても、ひらがな、カタカナ(なぜかこれはすごく難しい!)、いくつかの漢字(←自分でもすごいと思う)ほとんど理解することができます。話すこともだんだん上達してきていますが、よく言葉を思い出せないことがあるので、その時は身振り手振りや、翻訳辞書アプリが大活躍しています。

 

5

Around November I started to feel a little down, the volunteer blues had hit and combined with my usual winter blues. It was especially bad at Christmas when I wished I could have been home to celebrate with my family, but I celebrated with my host’s family instead which made me feel a bit better. Just before New Year my host and I went to a Soba (thin noodles) making event which was really fun, I really enjoyed socialising with the locals and learning something new.
Also the Yamaguchi volunteer group that I cut bamboo with, made a huge Kadomatsu (Traditional New Year decoration) on the last day of work for the year.

 

 

 

 

4

 

11月頃気分が落ち込むことがよくありました。毎年冬になると気分が落ち込みがちなのですが、今回はボランティアの疲れからくる落ち込みも同時にきてしまいました。特にクリスマスの時期は、故郷に帰って家族と過ごしたいと強く思い寂しさが募りましたが、ホストファミリーと過ごせたことで少し気分は良くなりました。大晦日には、そば(細いヌードル)作りのイベントに行きました。そこで地域の人たちと交流し、新しいことを学べて、とても楽しむことができました。2016年の最後の仕事の日は、一緒に竹切りに行った、山口ボランティアグループの皆さんと、とても大きな門松(伝統的な正月の飾り)を作りました。
The other ICYE volunteer came to stay with us at Maltoen for New Year which was really great, it was lovely to catch up with him and share how we’d been feeling about our time in Japan, it was really reassuring to know that I wasn’t the only one that had been feeling a little down and it helped to reinforce the fact that it was all part of the course.

ICYEのもう一人の来日生も「まるとえん」(ステイ先)にきて正月を過ごしました。これまでの日本での生活について色々と話をし、どう過ごし、どう感じてきたかなど彼とシェアできました。彼と話したことで、気分が落ち込んでいたのは、私だけじゃないということがわかって安心したし、このように一人故郷を離れて、気分が落ち込むことも、それを乗り越えていくこともこのプログラムの目的なんだと理解し、元気を取り戻すことができました。

67

 

 

 

 

 

 

 

The Japanese New Year is spectacular, there are so many decorations and traditions. I suppose it’s like Christmas in the UK. We celebrated with my host’s family and we were able to dress up in some traditional clothes and also help with making the osechi ryori (New Years food).

8

 

日本のお正月には、たくさんの伝統的な飾り付けがありとても華やかで、壮観です。例えていうなら、イギリスのクリスマスのようです。(イギリスではニューイヤーよりもクリスマスを盛大に祝います。)ホストファミリーと一緒にお正月を過ごし、伝統的な着物を着たり、おせち料理作りも手伝わせてもらいました。

 

Things started to look up again in February though, I moved temporarily to a different project in the Shiga prefecture where I’m working with nursery aged children and also children with learning disabilities. I’ve always loved working with children so this project really is perfect.

I also celebrated my 21st birthday in Shiga and while I once again found myself missing celebrating with my family, I did get to experience a lesson in performing the Tea Ceremony which was really interesting.

2月には物事が好転し始めた。一時的に滋賀県のデイケア、放課後デイケアの施設に移動し、プログラムを行うことになりました。そこは、保育園と知的障害のある子どもたちのケア施設で、子どもが好きな私にとっては、最高の場所でした。また21歳の誕生日も滋賀で祝いました。いつも家族で祝っていたので、また故郷が恋しくなりましたが、とても興味深い、茶の湯を体験することができました。

10

9

 

 

In conclusion these past 6 months have been full of ups and downs and new experiences, but I am so happy that I persevered and stayed here. I was thinking to myself just how happy I am that I decided to do a 12 month project instead of a 6 month project as if I had chosen the later, I would be at home right now, kicking myself for not staying for longer and getting to experience more of this amazing country. It might get tough but it doesn’t stay that way.

And now a few more of my favorite pictures from my time here so far:

まとめとして、この6ヶ月はたくさんの喜びと落ち込みと新しい経験に満ち溢れていました。気分が落ち込んでも辛坊強く耐え、ここにとどまることができとても嬉しいです。6ヶ月ではなく1年間のプログラムを選んで本当に良かったと思います。もち6ヶ月のプログラムを選んでいたら今頃はすでにイギリスに帰り、なぜ1年にしなかったか、こんなに素晴らしい国でさらなる経験を積むことをしなかったか、悔やんでいたことでしょう。1年プログラムは大変でキツいかもしれません、でもそれだけではありません。。。

そして、これらが私の日本で過ごした中でのお気に入りの写真たちです。

 

11 13 14 15

 

 

(イギリスからの来日生 ニュースレター170号より)

 

PAGE TOP