ワンフェス!2017参加

ワンフェス!2017参加

遅ればせながら、、、

2月4日、5日でワンワールドフェスティバル大阪に参加してきました!!!!

ウガンダリターニーの大山さん、インドネシアリターニーの鬼頭さんに手伝ってもらい2日間3人で頑張りました!

ワンフェスメンバー

大山さんの寝違えた首が治らない!、鬼頭さんのパソコンに入れたメモリーカードが抜けなくなる!(笑)などのトラブルに見舞われる中、300枚近くチラシを配りまくりました!何人の方と話したか覚えていないくらい、たくさんの方々にプログラムについての質問や海外ボランティアに関しての相談などをいただきました。(2日終えた後は、しゃべりすぎて声がかっすかっすでした(笑)

真剣に話を聞いてくれました②

それも老若男女問わず、興味を持っていただきありがたいことですね!中には高校1年生で、「大学入学したらこういうことしてみたいんです!」という方々もいて将来の道に向かって夢と希望で、キラキラしているな~(*^▽^*)☆彡と思いました!私もたくさんキラキラをもらってきました!

学び学び真剣に話を聞いてくれました

 

 

 

 

 

 

 

そして、これはや・は・り大阪、関西の気風なのでしょうか、、、とにかくみなさんめっちゃノリがいいのですよ!興味が向いたら、物おじすることなく質問!!質問!!質門!!!!!!という方が多かったですね♪中には、メモを取ってくれる学生さんまで♡こう見えてシャイな私は、とても嬉しかったです♡♪(笑)

このような場所では、未来の派遣生たちだけでなく、私たちICYEと同じように国際ボランティアを派遣している他の団体の方々や、移民難民支援や、フェアトレード促進、貧困の解決、人権擁護活動、マイノリティの人々の権利確立など、いろいろな側面から世界の抱える問題に働きかけている人々を出会うことができます。世界的に有名な国際NGOから、市町村レベルや大学のサークルなどの小コミュニティまで、多くの人々が、自分のできること、できる形、身近なところで、よりよい社会のためにこうして、努力し続けいている姿を見るとすごく嬉しくなりますね♪

ウガンダからの留学生と話す大山さん

大山さんと話しているのは、「あしなが奨学金制度」を利用し、日本の大学で勉強しているウガンダ人の学生さんです!

普段からお世話になっているHippoファミリークラブのみなさんや、マイチケットの皆さんにもお会いすることができ、よりよい世界という一つの大きな目標に向かって多くの人が集まり、支え合っているんだということを実感しました。

又吉鬼頭さん

そんな中出会った、貧困地域に病院を建てる学生団体の方々に、お願いされて書いた「~な世界!」

私が書いたのは「優しさで、つながる世界!」

どうでしょう!?(笑)

 

byりな

 

 

 

 

 

PAGE TOP