得意なことは何ですか?

得意なことは何ですか?

みなさんからいただくお問い合わせの中で、ちょっと回答に困る質問があります。それは…、

「こんな私でもできるボランティアはありますか?」

という質問。なぜなら、“こんな私”ってどんな私か、分からないので…^^; でも、これを聞きたくなってしまう気持ちは分かります。海外でボランティアなんて、やったことないから、大丈夫かな!?と、心配になってしまいますよね。

んがしかし、何も情報がなければ答えようがありません。じゃあ、あなたができること・得意なことって一体なんでしょうか?

これも難しい質問ですね。うーーん……。私だったら、一瞬答えにつまってしまうかもしれません。

 

ICYEジャパンで働くようになって、私は「これだったら事務局の誰よりも自信ある!」というものが二つ見つかりました。(理事を含めても、事務局のスタッフってそんなに人数多いわけではないのですが、まあ、それは置いておいて^^;)

一つは、冊子の製本!ICYEでは、ニュースレターやプログラム概要など、普通のコピー機で印刷して、ホッチキスでとめて、折って冊子にする、という作業が多くあるのですが、私、これとても得意なんです。やっていることは単純なのですが、複数枚の紙をピッタリ重ねてきれいに折るって、みんな意外にいきなりはできないんですよ。

なぜこの作業が得意なのか?それは前職に関係があります。私は建設系の会社に勤めていたのですが、設計図面を扱う部署にいたことがありました。そこではA0やA1サイズの図面をコピーしたり、折ったり…という作業が毎日のようにあったので、自然にこのスキルがアップしたようです。新入社員の頃にいた部署だったので、人一倍この作業が回ってきて、「積算部積算課」所属なのに、「君は“積算部折り紙課”だね」と言われていたくらいでした。当時は先輩社員に、遅い上に(仕上がりが)汚いと怒られていましたが、そこで鍛えられたおかげで、今では誰より速くきれいに折る自信、あります!!

 

もう一つは、おいなりさんの成形です。

おいなりさん調理中持ち寄りパーティー4

おいなりさんで、ICYEジャパンで私の右に出る者はいません(笑)これも、学生時代にバイトでおいなりさんを作っていたので、できるようになりました。事務所で行った持ち寄りパーティーの時に、おいなりさんを作ったら「上手だね」と褒められたので、これ得意かも!と気づいた次第です。

紙を折るのもおいなりさんも、まさか数年後に役に立つとは思っていませんでしたが、人生何があるか分からないですね(笑)

 

「おいなりさんを作る技術が役に立つボランティアはありますか?」と言われてもそれはそれで困ってしまいますが(笑)、ボランティアに活かせる・活かせないに関わらず、自分が得意なものを知っておくって大切なことなのかなと思います。目に見えるスキルじゃなかったとしても、目の前にある作業を、速く丁寧にこなすのが得意です、とか、繰り返しの作業でも集中力を切らさずに行う根性あります、とかも、相手に自分を知ってもらえそうな情報ですよね。

また、ボランティアで言えば、活動を通して、思わぬところですでに持っている自分の得意なことや強みに気づくかもしれませんね。私のおいなりさんのスキルのように(笑)みなさんも、自分の得意なこと、考えてみてはいかがでしょう?^^ 自分自身について、新しい発見があるかもしれません。

 

by あと得意なことと言えばマンドリンの やまだ

 

 

メールでのお問い合わせも歓迎ですが、説明会にも来て欲しいです!

説明会のお申込みはこちらから

PAGE TOP